Read Article

端午の節句

こどもの日の5月5日は男の子の為の節句、「端午の節句」です。

端午の節句に飾るものといえば、代表的なのが鯉のぼりですね。

最近は家の近くではあまり見かけなくなったのですが、

屋根の上で気持ち良さそうに泳いでいる鯉のぼりを見ると癒されます。

実際の鯉のぼりを飾るのは大変‼︎という方は、手ぬぐいなんていかがでしょうか?


初夏の青空にカラフルな鯉達が気持ち良さそうですね。

歌にもあるように、上からお父さん鯉、お母さん鯉。。。と鯉の家族達が賑やかに泳いでいます。

その他にも、端午の節句の商品が。


兜の手ぬぐいです。

鎧兜は“身体を守る”ものという意味があり、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという

願いも込めて飾ります。
そして、鯉のぼり関連では。。


先ほどとは違う手ぬぐいや、千代布、男の子が鯉に乗った張子の飾りです。

鯉は池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなんで、

子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りだそうです。

この張子飾りは、江戸時代中期創業の福島県白河だるま総本舗「渡辺だるま店」さんと「中川政七商店」さんが

一緒に作っています。


味わい深くて、男の子の表情がたまりませんね。

男の子がいるご家庭では、1ヶ月に迫った端午の節句の用意にいかがですか?

うえざと

Comment On Facebook

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。