Read Article

溝のないすりバチ。

 固定概念を覆す商品「溝のないすりバチ」が入荷致しました。
商品に同封されている説明書のデザインがあまりにもそのままで
潔さすら感じてイイなと思いましたので、一緒に撮影してみました。
つまり私が今日書きたいことは、ここに全て表されているのですが
補足して商品の良さが伝わる様に頑張ります!

これまでのすりバチは皆さんご存知かと思いますが、どんぶりの内側に
細い筋状の溝が入っていて、その溝の突起と木のすりコギが食材をすり潰す
構造になっていました。あのすり潰す時の音と感触は独特で「料理してる」感を
感じるものでした。

ただ。。面倒だったのはその細い溝にすり潰した食材が詰まってしまうので
取り出す手間と、使い終わったあとの洗う手間が掛かること。
今回入荷したこちらの中川政七商店さんの「溝のないすりバチ」は
ご覧の通り溝が全くありません。触ってみると少々ざらざらする感じです。
そして、これまでのすりバチよりも底が広くて平らです。
平らだとすりバチとすりコギの接地面も大きくなり、溝が無くても
すり潰しやすくなるそうです。
平らであるということは器の安定感も増し、すり潰す時に器を押さえる必要が無く
両手をすりコギにあてることが出来るので更なるすり潰しやすさにつながっているそうです。
そしてそのまま食材を足して和え物をして食卓に出せてしまう便利さ!
今までのすりバチでは絶対無理ですね。。。

今回、中川政七商店さんからは一緒に「すりコギ」も入荷しました。
やわらかくて水気に強い朴の木(ほおのき)を使っています。
包丁の柄やまな板でも使われる木だそうです。

こうして書いている私も、まだ実際この商品で食材をすり潰していないので
今までのすりバチとの違いを実際に体感することは出来ずにいますが
中川政七商店さんからの入荷なので、そこは自信を持ってオススメ致します!

gon

Comment On Facebook

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。