Read Article

首里織で張替え

先日の納品です。
お客様のおうちは、古民家をリフォームしたかわいらしくも味わい深い建物。
昨年はカーテンを納品させて頂きましたが、今回はソファの張替えをさせて頂きました。

少し変わったデザインのこのソファはフクラ社製。もう20年以上も前に購入されたそうで、背中の骨組みは割れて陥没し、座面もへたりが目立っていました。

お客様ははじめ買い替えを検討されていました。
ですが、伺って見てみるとこのソファの形、サイズがこの家にぴったり。
しかもよくよくお話を伺うと息子さんのお気に入りのソファで「絶対捨てないで」と言われていたとか。
そこで補修と張替えのご提案をしました。
張地も、ちょうど「ナハイズム」で首里織のソファを作っていた時だったので、そちらをご案内すると
「ステキ!」
ということで、背中の部分に首里織(道屯織)を張ることに。
首里織の織手さん、仲宗根綾さんがお客様のご要望の黄色と赤を入れて織ってくれました。
座面の生地はは息子さんも参加して選んでいただきましたよ。

出来上がりはまるで新品の様ですね。
中身の痛みが激しかったので、中身も入れ替えています。折れているとことも直って、キレイに仕上がりました。
普通に買うよりもいろいろな人の思いと手間といろいろなものが詰まったソファ。
古民家をリフォームしたこの家に、道屯織りのソファなんて、すごいはまっていていい感じです!

息子さん、気に入って頂けたかしら?
今度感想を聞きたいと思います。

nehayu

Comment On Facebook

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。